ぱたぱた

ちえの実だったり日常だったり。

ちえの輪「ディジュリドゥ演奏会②」

さてさて。続きです。

 

 

ちえの実演奏会翌日の

6/21(金)は 十和田湖湖上でのディジュリドゥ演奏会がメインの日。

 

 

 

もう結論から言ってしまうと、

あてくしの今回の夏至で達成すべき事がオールクリア!になりました。

 

全クリですよ、全クリ。

目標達成。達成どころが目標超えてその先へ。

 

 

「自分軸と、令和時代の新しい生き方の確立!」

これがあてくしの 2019夏至の確固たる目標でした。

 

 

 

愛と調和で生きていると

当然の様に全てが調和されていく様と

 

ディジュリドゥ演奏者の遼さんの

天地諸々全ての物に繋がっている確固たる安心感・安定感を

目の前でありありと見せつけられ、

 

(こうするんだよ。こうやって生きていくんだよ)

っていうお手本を見せてもらった気がしています。

 

 

どんな本を読むより、どんな動画を見るより

やっぱりリアルな体験はインパクトが強烈ですよね。

 

一気にあてくしをシフトさせてくれました。

 

 

 

 

朝から調整調和を実感する ひょんな流れで

仲間達みんな大好きな 神社へ。

f:id:aomori_ikuji:20190624173413j:image

 

ここでディジュリドゥだ!   の流れに。

f:id:aomori_ikuji:20190624173611j:image

はぁー、至福♡

なんて幸せな時間を過ごしているのかとクラクラしてくる~。

 

 

ここの神社がますます好きになる。

もはや「ただいま」と思える場所になる。

 

 

 

 

さ、では いよいよ十和田湖へレッツラゴー!
f:id:aomori_ikuji:20190624174321j:image

はい、入水。みんなで入水。

アーシング 兼 石拾い。

 

 

こんな石↓。
f:id:aomori_ikuji:20190624174527j:image

いい穴があれば石笛になるのですよ。

 

遼君は石笛も自在に吹くのでね。

 

 

穴があいてる石はあっても、なかなかいい音が鳴る穴じゃないのですよ。

 

吹くのに適した石を探すの結構大変。

 

 

 

そんな中、流石な遼先生。

すぐにバッチリな石を見つけ吹きこなすわけですよ。


f:id:aomori_ikuji:20190624175048j:image

すっ、素敵すぎる…

 

絵になる。

 

 

あてくしも石吹き挑戦しましたが、まぁー鳴らない。

 

石笛吹けたら格好いいよねぇー。

ポッケに忍ばせて好きな時に吹き歩きたいものですわ。

 

 

 

 

そしてそして。
f:id:aomori_ikuji:20190624175402j:image

船上でのディジュリドゥ演奏。

 

 

はぁー。豊かだ。

豊かな時間だ。

この世は豊かだ。

 

 

ひたすらそんな事を感じていました。

 

ありがとう、みんな。

みんな、ありがとう。

 

 

 

 

 

この日から、

あてくし、完全にこっちの住人になった気がします。

 

 

こっちの住人ってなに??と思いますよね。

 

 

十和田の住人になりましたー。

とか

十和田湖の精霊になれた気がしますー。

とかでは一切なく。

 

 

 

言語化するのが難しいですが、

ひとつゲートを超えた感というか、

 

今まで自分が思い込んでいた世界の流れを卒業し、新たな

自分が望んでいた世界の流れに入り込めた 感といいましょうか。

 

 

なかなか人にお伝えするのは難しいのですが

自分の中では完全にシフトできた日になりました。

 

 

勿論、今までの思い込んできたパターン生き方も

これは染み付いているのですが

 

例え自分がかつてのパターンに揺らいでも

本来の本物のポジションをはっきりと認識できているこの安心感たるや。

 

少し揺らいでも

自分の視線はずっとそのポジションを捉えているので、すっと戻せる感。

 

戻る場所、帰る場所をクリアに認識したからこその安心感。

ここがわからなかったらそりゃ迷ったりふわついたりしますものね。

 

 

ちょっと抽象的すぎて伝わらなかったらごめんなさいね。

とにかく、自分的な凄まじく素晴らしいシフトをしました。

 

 

 

 

遼君とディジュリドゥと仲間と夏至のパワー。

 

感謝を超えて畏敬の念を覚えます。

 

 

 

 

 

 

その翌日6/22(土)夏至の日。

今回の演奏会メインイベントである小牧野遺跡での演奏会も終えて

全てやりきった主催者ゆかさんと演奏者遼君は

最後にまたちえの実に寄ってくれました。

 

嬉しかったなぁー。ほんっっと嬉しい。

 

 

 

 

 

あれからも毎日ちえさんに立っているあてくしですが

 

演奏会の時のエネルギーがまだはっきりと感じられて

とてつもない安心感と安定感に包まれております。

 

 

 

ここで演奏会を開催してくれたゆかさん、

もう感謝や尊敬なんて言葉じゃ足りない位なあてくしのこの想い!

 

 

ちびまるこ風に伝えます。

「あんたすごいよー。あたしゃびっくりだよー」

 

か、軽い…

ライトなんですね、まるこは。

 

気持ちをシュッ と込めて まるこのライトパワーで伝えます♡

 

 

「あたしゃぁ~ 幸せだよ。」

 

 

 

 

令和の生き方、本当の意味でスタートしました。

心の底から 本当に本当に ありがとうございました♡


f:id:aomori_ikuji:20190625051034j:image

夢か?!リアルか?!的な

神秘的に感じるお写真で締めさせて頂きます。

 

稲垣遼さんは、日本中巡る必要がある方ですね。

勿論世界中も巡って頂くんですが

(↑勝手に予定決めている~)

取り急ぎ日本中巡りですよ。

 

屋外は勿論ですが、こうやってちえさんの様に

人が普段からポップに利用する場所を巡って

演奏してもらいたいなぁ♡

 

この 演奏後の場所のパワーの変化を

日常的に肌で感じて頂きたい!

 

なんなら日本中の家を一軒一軒まわってディジュリドゥ演奏して頂きたい。

強く思います。

 

 

 

 

皆様も機会がありましたら

ディジュリドゥ演奏を、遼君の演奏を 是非とも聴いて下さいね♡