ぱたぱた

ちえの実だったり日常だったり。

あてくしごと「会津いいとこ1度はおいで」の巻 part1

あてくしが中学生だったころはね。

そう、あれは昭和後期ですよ。

もはや昭和の終わりですよ。

 

その頃は、青森CITYの中学生の修学旅行といえば。行き先は決まっていましたよねっ。

 

そう、「東北一周」の旅でしたよねっ、同年代の皆様。

 

赤べこ作りましたよねぇ~。懐かしいですねぇ~。

(学校により行き先が違っていたらごめんなさいね)

 

 

 

で、あてくし、それ以来振りに行ってきました、福島県会津若松

 

 

 

いやぁ~、感想ですか?

 

…………………。

………………………………………。

 

小田和正さんのお言葉を借りるならば

 

「言葉にできなぁーい」。です。

 

 

 

まんず、良かった。。。良すぎた。。。。泣いてまう。。。。

 

余りにも良すぎて

(いやいや、何かひとつ位マイナスポイントあるんちゃうのん?!)って

途中からは会津のあら探しを始めてみましたが

 

なんっっっっにも ないっっっっ!!

マイナスポイント ひとっっっつもないっっ!!!

 

 

 

たまたまね、あてくしの周りで「会津いいよ~♡」っておっしゃる方が数人おりまして。

 

その時は(へ~)って、何の興味もなく聞き流していたあてくしですが

 

もうこの会津の素晴らしさを知ってしまったからには!

令和からは!あてくしも

会津めっちゃめちゃいいよ~♡♡」って言う側にならせて頂きます。

 

 

 

会津入りしてすぐは、

ほら、あてくし、会津にあんまり興味なかった頃なもんで

 

一体どこへ連れて来られてるのかもよく把握しないままに動いていたのですが

 

 

まず初っぱなに連れて行ってもらった所のこのロケーションよ☆

f:id:aomori_ikuji:20190502123114j:image

もう、なによこれ~(^^)

 

水路?!小川?!でラムネ冷やしてたり、

ラムネ開ける時溢しちゃったらここで手洗いしたり、

 

もう まず 目で楽しい♡

 


f:id:aomori_ikuji:20190502123406j:image

 「ネムネ」 って。もう♡

 

 


f:id:aomori_ikuji:20190502123610j:image

次のお店の入り口には、ほれ、

 


f:id:aomori_ikuji:20190502123644j:image

いい具合に立ってるしーっ!

横になってない辺りがまた乙ですな。やるぜっ。

 

 

 

こんな楽しい仕込みいっぱいのこの町は

(仕込んでないわっ)

色んなお店がいっぱいで とーっても楽しくまわれました。

 

あ、あれですよ。

方言。

会津弁っていうのかしら??

 

イントネーションがとっても穏やかなので、そこがまたとっっっても良くて。

 

南部弁に近いのかな??

 

お店のお父さんお母さんと話してても、癒されちゃうー。

 

 

そんな癒しのこの場所は「大内宿」という所ですって。

行ってきてから調べましたよ、興味持ったのでね。

 

江戸時代の宿場町ですって。


f:id:aomori_ikuji:20190502124018j:image

おお~!

 

ネギそばが有名なとこみたいですよ。

ネギを箸みたいにしてソバを食べるやつね。

テレビとかで見たりしますよね。

f:id:aomori_ikuji:20190502130442j:image

↑これね。

 

なのでね、早速そばも頂こうかと、そば屋さんに入りましたよ。

どこも混んでましたが、入れるお店に流れこむー。

 

で、あてくし、

普通に山菜そばを食べる、という、ね。

食べたい物食べんとね。

 

 

周りの観光客の方は、ネギそば注文してる方も多かったので

じっくり側で見てきましたよ。ソバだけに。

 

 

 

さ。気持ちを切り替えて。

こっからが今回のブログの本題に入っていきますからね。

 

と思いきや、序盤で思いの外行数を使ってしまったので

 

続きは次のブログへ書いていきたいと思います。

 

 

では、皆様、ひとまず、ごきげんよーう。